検索
  • ジョンマン

晴れ時々馬鹿

友達、ダチ、ツレ、仲間、ブラザー、、、

皆さんにも、こう聞いて思い浮かぶ顔があることでしょう。

僕にも半世紀近くの人生の中でできた仲のいい“奴ら”がいます。

その長い時の中で知り合った“人間”はその何十倍もいるわけですが

どういうわけか、ここにきて残った奴らはほぼブラジル、じゃなくて

馬鹿ばかりである。


とても残念なことである。

人生やり直したいと時々ふと考えることがあります。

しかし、一方でこうも思った。

“類は友を呼ぶ”そう類友なのではないか。

いやいや、そんなことはないはず、僕は至って普通の平均的で平凡な

顔がブラピに似ていて、たまたま青年実業家として大金持ちになっただけの

男のはずである。

そう、類友ではなく“無いものねだり”なのではないか。

自分がまとも過ぎるために“馬鹿”に憧れてしまった。または、馬鹿が

寄ってきてしまった。


しかし、これまた残念なことに、そんな“奴ら”は飽きないのである。

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」


今日はそんな愉快な仲間たちのお話です。

まずはプライバシーの保護のため漢字表記は控えさせていただきますが、セナハノハジメ、通称「セナハジ」と「セカオワ」のように呼んでいる人がいるかは知りませんが、個人的にはハジと読んでいる沖縄にルーツを持つナイスなガイがいます。

ちなみに、ガイはイギリス訛りのgay(ゲイ)

そう、こいつは30年間ゲイの疑いのかかった推定有罪で、積み木遊びが似合うフォレストガンパーなのです。

この男、普段こそフォレストのような朴訥で一本気な雰囲気を醸し出しているのですが、クラブ舞踏会の会場ではトゥーマッチドランクの末、バーからテキーラのボトルを奪い人で溢れかえるダンスフロアーに華やかな光ではなく、脂ぎった汗を振りまきながらブギーバカになりスチャダラパーに踊り狂い、DJブースに侵入しスピン中の外タレの針を飛ばして出入り禁止になった店も数知れずなジキルとハイド野郎でもあるのです。

そして遡ること20年程前、湘南のおビーチでその時も飲み過ぎてゾンビ化してしまったハジにウォーキングデッドされていた僕を、どこからともなく現れ救ってくれたのが後に詳しく書くかどうかは筆者の気分次第の馬鹿、ベネズエラ出身のラミレス竹◯ことタケちゃんマンである。小学校まで世界有数の危険都市ベネズエラで育ったタケちゃんマンはそのルックスも性格もワイルドな男であるが偏差値は20くらいだろう(推定)。ところが、ご両親にもあったことがあるのですが、お父さんはチンチクリン、お母さんは平均的日本人女性なのである。それなのに、こいつのルックスは完全にアレハンドロ・ガブリエル・カラバイヨ(誰?)なのです。


      (こんな感じです、ちなみに本人でも鈴木雅之さんでもありません。)


き、聞けなかった。。。


お父さんは疑問に思ったことはないのだろうか、、息子の本当の父親は、、、。

次号に続く。。。

さて話を最初の馬鹿に戻そう。

周知の事実であるゲイ疑惑であったが、自民党議員も真っ青なシラの切りっぷりで、僕たちは何度もカツ丼を与えながら「もう楽になろうや、田舎のお母さんも悲しんでるぞ」とゲロらせようとしたのだが

「俺はヤってない」

と一向に認めようとしない。

そんなある日、決定的な瞬間は訪れた。

行きつけのBARでの酒も深まった夜、そこで役者をやりながら働いているK青年に「お前芸能界目指してんならこれくらい我慢できなきゃダメだろー」

と、故ジャニー喜多川氏バリの大物っぷりで店の隅っこでおさわりを始めたのだ。

ちなみにKくんが目指しているのはゲイ能界ではありません。

しかし、その時のこいつのおフェイスはかなりジーマーだったので

「落ち着け、お前がゲイでも俺にそういう気を起こさなければ友達だからよー」

とモノホンのナイスガイな発言をして割って入ったところ

「お前はもともとタイプじゃないから」

ゲロッパ!

JBなみにファンキーなカミングアウト

午前3時27分容疑者確保!僕は長年追い続けたホシをついに自供に追い込んだ。

しかし、次の日以降ほかの仲間の前でこの件を話しても「そんなことは言ってない」と完全黙秘に戻ってしまったのである。

僕とこいつの踊る大捜査線はまだまだ続く。


さて、先ほど登場したベネズエラ出身のタケちゃんマンはといえば

ゲイどころか、イタリアならぬベネズエラの種馬ボッキー・バルボアと言われるほどの女子好きで、これまでに3人の妻を娶り、子供も5人目が先日生まれたばかりのビッグダディー野郎であります。先にお話しした湘南ビーチでの出会いから友達になった僕ら3人はすぐに意気投合して一緒に“ソムリエ”の講習を受けよう、ということになるかーーーーーい!


なったのです!完全に邪な動機です。


僕と推定ゲイは当時料理人だったので正しい動機もすこしはあったのですが

ベネズエラ人は100%邪でした。

こいつの頭の中は、アラサーになってからの「夢のキャンパスライフ」

出会い、そしてロマンス。交換日記、イジメ、喧嘩番長、腐ったミカン、、、

申し込みに行った先でベネズエラ人は開口一番言った

「男女交際はありですか?」

受付女子の氷の微笑を僕は一生忘れないであろう。

ちなみに、最初の体験入学でそんなキャンパスライフは存在しないことに気づき入学はやめました。

また、僕の慶應の同級生(あっ、言ってませんでしたっけ?僕三田の慶應病院産まれなんすよ!小学校からは区立ですけどね)で、出版と報道に興味をもって希望していた講談社「週刊現代」編集部に入るも、社会に出た途端やる気スイッチを見失い、いまでは子供もいないのに児童誌「おかあさんといっしょ」副編を務めるN。

学生時代はサーファーに憧れ湘南に引っ越すも、部屋にサーフボードを飾りサザンを一日中聞いていた完璧な部屋サーファー。劇画タッチの真顔なおフェイスで「へー、そうなんだー」と繰り返しながら実は人の話をいっさい聞いていない黒柳徹男である。

このNを交えてヨーロッパ旅行をした時のこと。

こいつの持ってきたガイドブックは英語だった。「地球の歩き方は間違った情報ばっかでよー」と旅慣れた感をスメルさせてきたのですが、その後こいつがこの本を開いているところはついぞ見ることはありませんでした。

それでも、まだ知り合って日の浅かった僕は「やっぱいい大学いってる奴は違うなー」と

宇宙規模な勘違いをしていたのです。

そして、忘れもしないアムステルダムでの夜がやってきます。

晩ご飯を食べ全員ほろ酔いで歩いていたところ、警官風の男2人組みになにやら声をかけられたのですが、「なんかこいつら怪しくねー」と言う僕らを制して、任せとけと言い放ち2人と物陰に消えたNは10分後パスポートごと鞄を取られて戻ってきた。

その時のこいつの何故かニヤケ顔での一言

「いやー、イギリス英語はわかりにくくてよー」

なにか本案件に発音が関係あるだろうか、というかNよ


「あれは完璧なオランダ語だった。」


拝啓講談社の人事ご担当者様。御社の採用担当者の目はふし穴です。その担当者とこのポンコツを一刻も早く解雇することをお勧めします。

こんな釣りバカハマちゃんバリの幽霊社員に高額な給料を払うなら、是非ユニセフに募金をしてあげていただきたい。


そして、いま一番顔をあわせることが多いのが、事務所をシェアしていて、仕事が暇な時のでんぐり返し仲間であるA。「ロシアから愛をこめて」、最果ての北海道は礼文島から来たアイヌ人ハーフ(推定)である。とにかく酒をこよなく愛するエニタイムノンデマスな奴で、飲んで無くした物の数は追加発注したアベノマスクにも劣らぬほどです。必ず寝落ちするまで飲んでしまう粋なラストダンス野郎で、僕ら仲間は何度バーカウンターに沈んだ哀愁ならぬアイヌー漂うこいつの背中を微笑ましく見つめながら先に店を後にしたことか。

しかしこいつは、ディープドランカーにはつきものの酒の席での失態。そのすべてをきれいさっぱり忘れることのできるメメント脳を持ってるのです。

つまり、こいつには過去が存在しないのです。そして先のことを考える知能も、気もないので未来も存在しない ”全ては今ここ” 野郎なのです。悔しいですが、これはブッダが2500年前に到達した悟りの境地かも知れません。

ちなみに、飲んだ次の日は、血走った眼光と全く効かない嗅覚でどこに置いたか忘れた自転車を一日中探しています。


などなど、まだまだ僕の周りに生息する奇行子バッカム達の馬鹿さを伝えきれないのは非常に残念ではありますが、そろそろ

“これ、何の話やねん!”

と厳しいご指摘を受けそうなのでお別れのお時間です。


まあ馬鹿、馬鹿言いましたけど、馬鹿は余分なことは考えないし、なにも計算できないし、ともかく仏教的見地では”無我””無常””空性”といった、普通は仏門に入り長い時間をかけて習得する境地にすでに達しています。それ以上に、単純に”笑えます!”


「馬鹿は地球を救う」

という24時間生放送の番組を日テレでやるべきだと思います。


もうやっているようですね。



それではみなさん、本当にお別れのお時間です。

いやー、馬鹿ってホントーにいいものですね〜



「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ〜。」これは違う人かー、サヨナラ〜


追伸:愛する馬鹿たちよ、頑張ってこれからも僕を楽しませて欲しい!


14回の閲覧